FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
12.01

海の上を行ったり来たりの旅 その3 答志島〜菅島

Category: お出かけ
で、おまちかねの夕食です。

食堂ももちろん貸切。赤いテーブルにお料理がこれでもかっ!

というほど並んでいます。

わぁ〜おいしそう!

でも・・・・ちょっと量が多くない?

お刺身の盛り合わせ(手前のは何かな&わらさ)
煮魚(何の魚か分からない)と焼き魚(白身のお魚、何だろう)

2015-12-1-12.jpg


奥から 大アサリ焼き×2 サザエの壺焼き 焼き魚(前出)
海草の佃煮(魚の子が入っている) 鮹ときゅうりの酢の物

2015-12-1-13.jpg

そこへ奥さんがいそいそと持ってきてくれたのは、さっき釣ったお魚のフライ!

2015-12-1-15.jpg

旦那さん、「唐揚げ」のリクエストに「天ぷらになっちゃってごめんなぁ〜」って。

これ、フライだよ(笑)しかも全部作ってくれちゃって。1,2匹で良かったのに^_^;

そしてまた奥さんが嬉しそうに

「これは、温かいうちに食べてよ、他のはいいから、これは、早めにね」

と念押しされて出てきたのはこれ。

2015-12-1-16.jpg

伊勢海老〜〜〜!  みそもばっちり入ってます。

すると旦那さんが大きなお皿を持って入ってきました。

ええええええええええええ!!!!!

30センチは超えるであろう大きな真鯛の活き造り!!!

2015-12-1-17.jpg

手前には珍しい「ホラ貝の刺身」が乗っています。

他には、お新香、もずく酢、寄せ鍋、鮹飯、デザートに柿。

2015-12-1-18.jpg

いやぁ〜〜絶対無理でしょ。サービスし過ぎだってば。(笑)

でもせっかくのご厚意ですから、いただきます。

相方、無言でガンバレ!!!



まずは釣りたてで揚げたての、魚のフライから。

どれがどの魚かはあまり分からなかったですが、どれもふわっとした白身で美味しい。

やはり自分で釣った魚を人が料理するって極上の幸せですよ。

お次は温かいうちに・・・伊勢海老。味噌が〜 味噌が美味しい〜〜(^○^)

ほじってほじって、相当ほじって食べちゃった。

で、ぴちぴちの鯛のお造りは、切り方が大ぶりで凄いの。

初めて食べる「ホラ貝のお造り」は、コリコリとした歯ごたえで甘くて

すっごく美味しかった!貝は好きなんだけれども、これはかなり好きな味!

美味しかったです〜\(^O^)/

大アサリ焼きも甘辛い味付けに負けず、貝の味が濃くて美味。

サザエはちょっと冷めてしまっていたけれど好きなので良し。

ぐつぐつ煮えた寄せ鍋と、炊きたてのタコ飯も本当に美味しかったのですが

なにぶん量が多くて一口ずつしか食べられず。

煮魚にいたっては箸を付けることも出来ず・・・・ごめんなさい<(_ _)>


あまりのサービスに、これって食事だけで宿代になっちゃいそう。。。なんて思いました。

するとお部屋代はタダとなりますので、お化けが出てもしょうがない

(いや、出ませんでしたけどね)

大、大、大、大満足!!! のお夕食でした〜! 

はまや旅館さんにして良かったよ〜(^ニ^)

・・・・・・でも相方の様子が・・・・ちょっとヘン。

魚介があまり得意でないのと、小食なのでこれはちょっと大変でしたかね(笑)




翌朝、まだ全ての物を消化していない感じのまま(笑)朝7時半に朝食です。

またたくさん出たら、食べきれなくて申し訳ないなあ・・・と危惧していたけれど

まずまずの量で一安心。

2015-12-1-19.jpg

大きな赤出しのお味噌汁の中には鯛が。贅沢ですね〜〜

そして答志島の自慢の一品「しらす」です。大盛りでしたがぺろりと完食。

噛めば噛むほど甘みがじゅわっと出てきます。

2015-12-1-20.jpg





朝食を終え荷物をまとめて、早めのチェックアウトです。

奥さんが、知り合いの船に乗せてもらう手筈を整えてくれたので

定期船の予定時刻より早く出港することができることになりました。

大きな荷物は宿に置かせてもらい、船の時間まで30分ほどブラブラします。

答志島のほぼ全ての家や船などに書かれている丸八のマーク。

2015-12-1-21.jpg

これは年に一度、家内安全を願う魔除けとして描かれるもので

八幡神社大漁祈願祭で運ばれる墨を奪い合い、その墨で書かれたものだそうですよ。

他にも島特有のものがあります。

写真は無いのですが、路地を通るとほとんどの家の前に置いてある手押し車。

ジンジロ車と言って、細い路地を行き来するのに使うそうです。




港で小舟を覗いていると宿の旦那さんがいらして、魚の話を色々聞かせてくれました。

粟島(新潟)のタコ捕り漁のこともご存じでしたよ。さすが漁師ですね(^-^)

2015-12-1-22.jpg

海の中から籠を引き上げて、海の生き物などを見せてもらったりしていると

奥さんが荷物を持ってきてくれて、大きなホラ貝の貝殻をお土産にいただきました。

旦那さんは海に行くというので、大きく手を振りながら海へ行ってしまいました。

港へ船が着くと、奥さんがいつまでも手を振ってくれました。

なんか、じわ〜〜〜。

こういうのが島の醍醐味なんですよねぇ。。。。。

たまたま良い宿に当たったというのもありますけど。

本当にお世話になりました。血の池地獄とか狸とか言ってすみませんでした(笑)

とても楽しかったし美味しかったです!



20分ほどで鳥羽港(佐田浜)に到着。

で、なんとターミナルまで走って急いで荷物をコインロッカーに預け、

慌ててチケットを買って向かったのは、また船着き場。

そう、答志島を朝早めに出たお陰で、「菅島」に行く時間に間に合ったのです。

せっかく来たんですからね。いろんな島色を見て感じたいですもん。

実は菅島、答志島のお隣なんですけれど、

菅島から答志島には行けても、答志島から菅島に行く便が無いんですよ。

なので鳥羽まで戻ってまた乗り直す羽目になるんですね。

こうして伊勢湾を行ったり来たり。




ほどなくして菅島に到着〜

こちらは答志島より港が広く、ごちゃごちゃ感は無いものの、

どこか閑散としていて寂しい感じ。

ここもやはりしらすの名産地ですが、なぜか答志島のような香りがしません。

さてどんな島かな?






つづく。











コメント大歓迎です!!

banar.gif ← ホームページはこちらです♪

 ← ランキングに参加しています。押してくれたらうれしいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミニチュアドールハウスへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://oneshands.blog29.fc2.com/tb.php/756-978d0802
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。